スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

りんごのコンポート。
2006年12月01日 (金) | 編集 |
さてさて、お待たせしましたリクエストの多かった(えっ?ない。。。)
   りんごのコンポート
でもね、これまた特別なレシピなどないのですよ。
リンゴの種類と酸味のお好みで色々と試して下さいね。
私も一度として同じ味を出せた時がありません。毎回違って。。。でも美味しいですよ。
12014

分量の目安は
リンゴ1個につき
ワイン50cc(今回私が使ったのは250ccで300円です)
さとう10g(グラニュー糖だとテリがでます)
レモン汁適当(なくてもいい)
12011

りんごの皮と芯を取り適当な大きさにカットしてお鍋に並べる
ワインをそそいで一煮立ち(アルコール分が飛びます)させ
お砂糖とレモン果汁を加えてフタをして中火で煮る(20分位かな)
12012 12013

リンゴにまんべんなく色が着く様に位置替えと串で刺して煮加減を見てください。
お砂糖も一度に入れないでシロップの味加減で足して下さい。
もう少しかなと言うところで火を止めてあとは冷めるまでそのままに
(冷める過程で味がしみます)
あら熱が取れたらシロップごと冷蔵庫で冷やしてどうぞ。

この作り方が一番オーソドックスな作り方かな
あとは圧力鍋を使うと短時間で中まで味がしみますが
私は少しシャキシャキ感が残るのが好きなので無水鍋を使います。

ワインは赤でも白でも、りんご本来の風味を残したいなら白ワインの少し辛口がいいかな
ワインが苦手なら同量のお水で割っても充分風味がでますよ。
くれぐれもお安いワインで!
酸味の強い紅玉などはレモン果汁がいらないかも、反対に淡泊な王林などには酸味を足して
あげるといいかも。

我が家は出来たてのアツアツも好きなので、アイスクリームを添えて食べてます。
これに干しぶどうやミントの葉を飾ると立派なデザートになりますよ。

  ※他にお酢(リンゴ酢等)を使うコンポートもありますが
  私は作った事がないので。。。お味はちょっとわかりません。

みなさんのお家でも作ったら味の報告を待ってま~す。




[READ MORE...]
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。