スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祈り。
2007年09月10日 (月) | 編集 |
とても大切な 大好きなお友達が 苦しんでいます 戦っています。
お空に帰るにはまだ早すぎます。

「彼女」との出合いは今から3年半ほど前のくるみが9ヶ月の時です。
くるみのしつけ教室の先生のパートナー犬でした。

何かの書で犬は30余りの言葉が理解出来ると書いてありましたが
「彼女」は30どころかすべての言葉が理解できる様な子です。

でも先生のワンコなら当たり前でしょう?と思われがちですが
先生は訓練を本格的に習った方ではありませんでした。

元飼い主は見栄だけの為に当時の流行りの犬を飼い
挙げ句の果ては自分のストレス解消の為に虐待をしていました。
先生はそこで働いていた一OLでにしか過ぎませんでした。

事業が傾き犬を処分する時に先生が引き取ったのです。
そこから先生と「彼女」との二人の生活が始まりました。

先生は犬を飼った事もないのに可哀想との思いだけで引き取ったのです
もちろんどう犬と接していいかも試行錯誤です。
「彼女」の方だって今まで人間に散々虐待を受け
体にも心にも傷があります。 おいそれとは人を信じません。

でも 決して自分は「人間」 あなたは「犬」と言う服従関係を作りませんでした。
もちろん手をあげたり虐待をする様な事も。。。
とことん話しをするんです。今どうして欲しいのか。何をしたら喜んでくれるか。
そうして二人の間で少しずつ信頼関係が生まれるのです。

先生のしつけ教室は叱りつけたり嫌がるのを無理矢理矯正する物ではありませんでした
それは完璧さを求める警察犬などとは違って 家庭犬なのだから
いかに人間と犬がお互いに心地よい関係でいられるかなんです。
飼い主の顔色を伺いながらビクビクとするワンコを作り上げる訳ではないのです。

[READ MORE...]
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。