スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四十九日。
2010年01月22日 (金) | 編集 |
父が亡くなり四十九日を迎えました
まだ49日 もう49日 複雑です

        201001223

きょうも お味噌汁を多く作りすぎてしまいました
まだまだ 父のいない生活に慣れません
曜日の感覚が解らなくなってます

そうだよねぇ
今までは週2回のディサービス通い 週1の通院 そして月2回の大学病院
○曜日は・・・と日々父 中心で時間が動いてました
(今は時間をもてあましています 笑)

少しずつ 父の物を整理していたら

      201001224

12年ほど前に事業を廃業した時の届出が出てきました
病気の症状で 手の震えが出ていたので「文字」も震えています
これを書いた時はどんな気持ちだったのだろう・・・
なんで病気になんかなったのだろう それも治らない病気だなんて
まだ70歳前で 病気とは言え悔しかっただろうなぁ。。。

そして 
ここの住狆は 夜は不在になりました

      201001221

なぜ父が居なくなったかは解らないでしょうが
父が居ないことは解っているようです
外を眺めている時間が多くなりました
きっと父がディサービスからでも帰って来ると思っているのでしょう

水戸黄門が始まるとジィジは帰ってくるんだよね
相撲がはじまると ジィジのベッドに乗って一緒にテレビを観ていたよね

      201001222

父のベッドが片付けられガラーンとした部屋・・・
しばらくの間 母は夜 電気を消して寝られなくなりました

12年間の介護は長かったとは言え 母にとっても生活の一部になっていたのでしょう
それが突然に終わり・・・
1ヶ月とは言いません せめて1週間でも父が入院でもしてくれたら。。。
エゴかもしれませんが弱っていく父の姿を見て心の準備が出来たかもしれません

あまりにも突然でした
おやつを食べて お夕飯もいつもの様に食べて 
翌日はディサービスの日でしたのでヒゲを剃って・・・
そして 翌日 父は亡くなりました

母は精神的に不安定になり 真っ暗な部屋で寝られなくなりました
でも 不思議なんです 誰が教えた訳ではないのに
胡桃が母と一緒に寝る様になりました
母も今では だいぶ落ち着きました
ジィジといいコンビだった胡桃が 今度はバァバのお伴をしてくれてます。

春になったら ジィジと一緒に行った公園に行こうね。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。