スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒り。
2007年10月04日 (木) | 編集 |
今朝の番組の感想を書きたいと思いますが 
これから書く事は わたし 一個人の感想であって 
特定の団体や個人を誹謗中傷するものではない事をお断りしておきます。

そして文章の中に乱暴な言葉・意味不明な文章があると思いますが
怒りのまま書き綴った物で前後の文章がおかしい箇所があるかと思います。

まず、テレビを見て思った事は悲しみを通り過ぎて怒りです。
子猫を処分場に持って来た「親子」
夏休みに海に行くのにネコが居ると行かれないから捨てに来た ですって!
どうしてネコがいると海に行けないのですか?
「海」を取るか「ネコ」を取るか子供たちに二者択一を迫ったお父さん
ネコも連れて行く事は頭にはなかったのですか?
誰かに預ける事は考えなかったのですか?
子供たちは泣いていましたよね。海にも行きたい(子供だもの当たり前)
でもネコが居たら行けないと言われて捨てに来る。。。
「今回の事で子供達には命の大切さを学ぶ いい機会になりました」とお母さん。
「またネコが飼える様になったら此処に来てネコをもらいます」と言ったお母さん。
私は声を大にして言いたい バカじゃあないの!
じゃあまた海に行く時は捨てに来るんですか?そんなに命って簡単に交換出来るんですか?
そんな親に育てられた子供たち あなた方は不幸です。

年老いてご飯が食べれなくなり 立ち上がれなくなって世話が大変だからと
処分場に持ち込まれたハスキー。
飼い主さん 最初にこの子を飼った時はあなた方も若かったでしょう
一緒に年を取って来たのではないんですか?
処分場で水を飲むことさえ出来ずに横たわっているハスキー
命が終わるまであと幾ばくもないでしょうに 
家で看取ってあげることは出来なかったのですか?
あなたも寝たきりになり一人でご飯もトイレも行けなくなったら
どうぞ処分場に連れて行って下さいと言えるんですか?

こういう飼い主にはこの子たちの最後の様子を
ビデオなり写真なりで知ればいいと思ってしまいます。
持ち込んでハイ最後ではあまりにも惨いです。

職員の言葉が印象的です
「13年前に私がこの仕事に就いた時 始めて処分のスイッチを押すことは
出来ませんでした」と
「13年経った今でもこの仕事はイヤだと家族には話しています」
「でも犬が大好きだから。。。好きだからこそ 私がしなければ」と。
職員の方だって仕事と割り切って出来る事ではありません苦悩の毎日だそうです。

「出来れば飼い主に処分のスイッチを押させたい」 正直な言葉だと思います。

そしてもう一つこれはあくまでも私の意見です。
あした死んでいく動物に蚊にさされたら可哀想だからと蚊取り線香を炊く職員の方。
もしかしてこの職員の方は障がい者の様にお見受けしました。
13年前では人が嫌がる仕事にしか退けなかったのではとフッと思ってしまいました。
(もちろん今では障がい者雇用制度があり一定の企業では障がい者を雇う義務がありますが)
それは我が家にも障がい者がいるからですがここにも社会のエゴが見えた様に感じられました。

こういう事を書くと
「世界には飢餓に苦しんでいる子、地雷で亡くなる子がいるイヌ・ネコごときで騒ぐな
そんなお金があったら人間に使え」と必ず言われる方がいます。
でも身近にいる小さい者、弱い者に目を向けられないで何が出来るでしょうか?

支離滅裂な文章になってしまいましたが思う事はまだまだたくさんあります
フリーカメラマンの大石さん企画を取り入れて下さった日本テレビの方々 
ありがとうございます。

「目を背けてはいけないこと」
出来ることなら色々なところで取り上げて欲しいですね。

コメント
この記事へのコメント
私は番組を見てないけどはつママさんの文章を読んでやりきれない気持ちでいっぱいです。
まだまだ動物の命は軽いんですね。
動物に対するやさしい気持ちとかを学んでほしいから子供には小さな動物に触れ合ってほしいのにこれでは逆になってしまいます。
生きてるものも入らなくなったら捨ててほしくなったらまた買えばいいって思いそう。

私はうさぎが死んだとき霊園に連れて行ったけど、きっと受け取って「はい、焼いておきます」だろうなと思ったらちゃんと祭壇があってお線香もくださって私たちが拝んでる間は外で待っててくれました。
心遣いがとってもうれしかったです。

処分場の人たちはとっても辛い仕事でしょうね。
頭が下がります。
きっとスイッチを押すのがその人でも動物達は感謝してるでしょうね。
こういう話聞くと「人間ってエゴでいやだな」って思います。
2007/10/04(木) 19:47:24 | URL | エコ #OVtA6OIQ[ 編集]
本当に世の中には信じられない人がたくさんいますね。
これでもか、これでもかと悲しい話を聞かされます。
私にはその子達を救うことが出来ないからせめてうちの子には責任を持たなくてはと思っています。
先日お邪魔したお友達の家は老人介護のように老犬を世話していました。うちのまだ若いワンコたちと比べると動きもよたよただし毛並みもつやがなくて見ていてせつなかったけど友達が一生懸命世話をしながら"この子がいてくれると励みになる”と言っていました。
うちの陸は生後1ヶ月くらいで寒い冬に公園に捨てられていたのですが、処分場に連れて行かれなかっただけ良かったのかもと思ってしまいます。どちらもとても理解できることではありませんが・・・
それにしても海に行きたいから猫を処分するなんて、そんな選択をする人は大馬鹿です。
2007/10/04(木) 21:14:28 | URL | ママリーヌ #UcusC/tg[ 編集]
出掛けだったので、全部見れなかったのですが・・・

子ネコの命より海旅行を取った家族
病気で横たわるハスキー犬
蚊取り線香をたいているセンターの方

このあたりだけで出勤してしまいましたが、
泣きながら駅に向かいました。

「今回の事は辛いけれど子供達にいい経験になった」
という母親。
こんなのが増えたらこの世の終わりです。

でも、みんながそうじゃない。
そうじゃない人が、たくさんになるように生きていきたいです。
2007/10/04(木) 23:25:48 | URL | リリママ #ADFt6C5g[ 編集]
同感!
このママさんのコメントを多くの方、そして企画したTV関係者の方へみていただきたい。何より猫を連れて行った馬鹿家族の両親へ。今の世の中、なにかかおかしい。私の近所には施設から老犬を引き取り最期を看取ってあげるご夫婦がいらっしゃいます。頭が下がります。また一頭・・・と、幸せに旅立っていきます。 こんな方もいます。 PETも子供もおもちゃではありません。 ぶつけようも無い怒りです。 はつママさん、たまたま初めて拝見したコメントに読み逃げができませんでした。
2007/10/04(木) 23:29:56 | URL | 名無しの権兵衛 #-[ 編集]
わたし、はつママさんが紹介してくれたテレビ番組見ませんでした。
というより、見たくなかったからです。
動物愛護センターの実情が分っているからです。
というのは、クーマが我家に来てから、こんなに元気です、
という姿を時々見せに行っていた時に、
そこで、時々収容されたワンちゃん達を見て、捕まえられた時の恐怖の目
飼い主を待っている寂しそうな目、わたし達を見て尻尾を振りながら見せる嬉しそうな目
それを見た時、探しに来ない飼い主への怒りと、
どうする事も出来ない自分たちの情けなさを感じた時から、
もう2度と行くのは止めようと思いました。
度々行った時も、センターの方たちはいつもニコニコ笑って接して下さいました。
とても辛い仕事なのに。。。
以前にも書いたと思いますけど、クーマは17年前センターから貰ってきました。
クーマも、もしかしたら飼えなくなってしまって処分に持ち込まれた子犬だったかも知れません。
あの当時収容されているワンちゃんはMIX犬が多かったような気がします。
今は純血種のワンちゃんも多く収容されていますね。
ペットショップなどで可愛くて飼いたくて、お家に迎え入れたワンちゃんなのに、
行方不明になってしまったのに探そうともしない飼い主が多い様な気がします。
探す、探さないは昔も今も変わらないんだな、と思いました。どんな理由があるにせよ、
飼えなくなったから処分してくれ、とか身勝手な事を言う人たちは許せません。

2007/10/04(木) 23:55:19 | URL | ぷー太ママ #Ybo9Vlvk[ 編集]
転記ありがとうございます。
はつママさんと同じ思いでTVを見ていました。
怒りがいっぱいで言葉になりません。

あの猫は、もうこの世にいないでしょう。
持ち込み犬猫は直ぐに殺処分されますから。。。
2007/10/05(金) 03:00:54 | URL | 空ママ #-[ 編集]
みなさん たくさんのコメントありがとうございます
私のブログを見に来て下さる人は
きっと同じ思い・悲しみ・怒りだと思います。
それは少なからず可愛いと思える、愛しいと思える
パートナーがかつてはそして今いる方々だからと。

でも
我が家には放置ネコが花壇や畑を荒らしに来ます。
子供の頃に野良犬に噛まれて嫌いになった人もいると思います。
恐いのは「多数の意見が正しい事」になる事です。
中にはこういう施設も必要だと言う人もいると思います。
ただその人達が大多数の人に押されて意見を言えなくなるのも
恐い事です。
一方だけの押しつけではなく話し合える場を作る事が大事だと感じます。

私は狆を飼って「空ママさん」と知り合うまで
保護活動をしている人々や里親制度を知りませんでした。
何事もまずは知ってもらう事だと思います。

フリーカメラマンの大石さんも
「施設に来た犬猫はこういう死に方をするから施設ではなく野山に捨てなさい」 
「ペットショップで買うなら施設からもらって下さい」
などを言いたいのではないと思います。

少しでも実態を知ってもらいたいのだと思います。
そして何かを感じ取ってもらいたと。
「可哀想」でもいいのだと思います そこから次になにかを感じてくれれば。

映像にはショッキングな場面も写っていました。でも
出来れば家族で見れる曜日・時間帯の放映だと良かったですね。
そして家族で親子で話し合うきっかけとなってくれれば。
少しでも不幸な動物たちがなくなる事が出来れば。
2007/10/06(土) 11:25:43 | URL | はつママ #592ZfaA6[ 編集]
見たかったな~
残念。。

日本って まだまだ 遅れてるんですよね・・
動物・・ペットに対する考え方が。。

まぁ。。
わたしも 自分の家で 命 作っちゃったので
なんも いえないんですけど・・汗
2007/10/06(土) 21:43:53 | URL | ゆかぴぃ #A1vz8dvw[ 編集]
You Tubeで・・・
http://jp.youtube.com/watch?v=ivG9ywery6w
ここで番組の一部?見られました(;_;)
2007/10/07(日) 02:01:14 | URL | 梅香. #DAFdELt6[ 編集]
ゆかぴぃさ~ん♪
ゆかぴぃさんの家は偶然に生まれた「いのち」かもしれませんが
その「いのち」を殺しましたか?捨てましたか?
笑ちゃんが具合が悪くなっても病院にも連れていかずに
放って置きましたか?
ご自分が具合悪くなるほど心配していたじゃあない!

梅香.さ~ん♪
ありがとうございます。
今いちど 見てまたいかりがぶり返しました。
で、ちょっと?と思う事が それは
ネコを持って来た親子の所でテロップが
「猫を預けに来た親子」となっていたことですが
違うよね「猫を殺してくれと持って来た親子」だよね。
だって旅行から帰って来たら引き取るの?
それにこの猫は翌日にはもういないのよね。
2007/10/07(日) 08:26:03 | URL | はつママ #592ZfaA6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。