スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病院Part2
2006年07月29日 (土) | 編集 |
くるみにお見舞いありがとうございます。
今朝はだいぶ落ち着き、野菜スープを全部飲み干しバナナのお代わりまでしました。

くるみはお腹が弱い他にも病気を持っています。
3回目のヒートを待って避妊手術をしようと先生に相談した所、
去勢や避妊手術自体は危険な手術でもなく、事故も少ないと聞きました。
ただ、鼻ペチャの子の手術は麻酔の事故があるらしいです、
それは麻酔の器械をはずした時に鼻ペチャは舌がのどの奥に入り込み窒息事故が
あるそうです。
それから、どの子にも言える事ですが、麻酔に適合するかです。
この事は説明や検査をせずに手術をしていまう病院も多いらしいです。
もちろん避妊手術とは別に費用がかかります。

くるみが麻酔に適合するか検査をしていただき、大丈夫ならそのまま避妊手術という事でくるみを預け、家で待機していたところ病院からの電話。。。
ちょっと肝臓機能に問題があって手術は見送りたいと。

病院で説明を伺うと、血液検査で肝機能障害があるので、手術自体は大丈夫かもしれないが麻酔は解らないと。。。でも、お願いされれば手術をします、と
緊急の手術ではないので、まず肝臓の回復を待ってという事になり、とりあえず
3ヶ月お薬を頂きその後でもう一度血液検査という事になりました。
20060729154234.jpg
ようやくセミが鳴き始めました。
くるみには臍ヘルニアもあります。狆はたいていの子がでべそです。
これは狆やシーズーに多い遺伝的要素らしいです。
そのため病院によって手術をする、しないといろいろです。

くるみの場合はとても大きく、興奮したり力んだりした時に青くなったら
手術をした方がいいと進められていました。もちろん何事もなく年をとる子もいます。

3ヶ月後 エコーの検査と血液検査でも手術をしても大丈夫そうだということで
一歳半の時に避妊手術とヘルニアの手術も一緒にお願いしました。
ラッキーの時は男の子なので一泊、あまり深刻に考えもしませんでしたが
くるみは2泊のお泊まり、なぜかかわいそう。。。

3日目の朝 無事に手術が終わってお家に帰ってきました。

コメント
この記事へのコメント
くるみちゃんも大変だったんですね。
姫も麻酔を特別の物にしてもらったので普通なら避妊手術の費用に入っているけど姫の場合は別料金を取られました。
でもお金で安心できるならね・・・
女の子の手術はおなかを開けるから大変なんですよね。
男の子は外の手術だからあまり体にも負担がかからないそうです。
ぺぺは停留睾丸だったからけっきょくおなか開けたから大変だったんですよ。
2006/07/29(土) 21:27:09 | URL | エコ #OVtA6OIQ[ 編集]
ホント、くるみちゃん大変だったのですね。
我が家の2狆は大変元気で注射とフィラリア以外は病院かかってないのですよ。牛乳でもお腹は下さないし。。。
唯一杏仁が最初はマダニ駆除で大変だったのぐらいかな。
まさこママのタッキープレート、褒めて頂きありがとうございます!とっても素敵でしょ。。。
くるみちゃんとラッキーくんのも素敵かもですよ~~
2006/07/30(日) 09:08:00 | URL | えび #-[ 編集]
エコさ~ん♪
何も知らないでいたら、気にする事もなかったのかも
しれませんが、知ってしまったらね。
動物は言い聞かせて解るわけもないから、なにかあったら、全身麻酔ですもね、負担も掛かるし怖いよね。

えびさ~ん♪
昔だったら、室内犬なら狂犬病の注射もしなかったでしょうし、
一生病院のお世話にならない事もあったかもね。
元気が一番!
さっそくHPをのぞいてみましたよ~。
ちょっと心が揺らいでいます。
2006/07/30(日) 16:04:00 | URL | はつママ #592ZfaA6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。